Movie Reviews

映画は杉澤佑輔の思いを伝えるのに役たつ

杉澤佑輔は、彫刻や絵画のシリーズで有名です。彼の作品のほとんどは、記憶、感情、認知、不協和音、そして私たちが潜在意識にどのように反応することを選んだかなど、人間の精神を探ります。杉澤は自分によく反省し、見つけたものを世界に向けて視覚的に具体化している。

杉澤は心理学者で、誰もが簡単に自分の考えを受け入れることができるわけではないことを知っていました。彼は普通の人が彼の作品を理解できることを知っていますが、「理解」は彼が彼の表現から得て欲しいものではありません。杉澤は聴衆に感じてもらいたい。単に同意してうなずくより、彼は私たちが自ら彼の作品とつながることを望んでいます。

ほとんどのアーティストは一度に2つのアートフォームを使用します。一人がよろず屋になるのではなく、マスターになることを目指す場合があります。杉澤佑輔は、「完璧」や「熟達」といったアイデアを追求していません。一つの媒体がつながる良い方法だと思ったら、きっと自分で勉強します。何かを作成するのに十分理解したら、彼はそれを共有するためにやります。

映画作りは杉澤佑輔の興味を引きます。彼は自分の作品を映画のシーケンスに適合させることができると信じています。彼が実践する単純な詩には美があり、2Dと3Dの両方のプラットフォームで作る建設的なカオスには美しさがあり、スペクトルの対照的な色には美しさがあります。これらはすべて、彼の展示会においでになったときにのみ個別に評価できる要素です。

杉澤が映画を作りたい主な理由は、包括的であるということです。彼は、「語らずに示す」という伝統的な手段は、誰もが鑑賞と理解できる実践ではないと信じています。業界の高学歴者のためだけにアートを作るべきではありません。

それを見ることができる誰もがそれを理解することを許されるべきです。彫刻を理解できない場合は、言葉でご気持ちを表現してください。ご言葉が理解されない場合は、詩のリズムでご踊ってください。ジェスチャーの流れが見られない場合は、ライトや色を使って強烈や平穏をご表現してください。

杉澤佑輔は、彼が扱いたいトピックの複雑さと同じくらい多芸多能です。懐かしさや新しい経験について話したいと思うかどうかにかかわらず、彼は常に同じ強さで対立する2つの側面でそれらを伝えます。これは、彼が自分の作品で非常に実験的である理由を説明しています。

彼を説明するために使用できない唯一の言葉は「普通」です。杉澤の作品はすべて、鋭いエッジ、濃い煙、はっきりとしたコントラストが組み合わされています。彼の鮮やかな色の選択は、2つのスペクトルの中間にとどまることを拒否する彼の方法でもあります。彼の考えは常に大声で、決してミュートしません。