Movie

YUSUKE SUGISAWA MovieS

杉澤佑輔の映画

杉澤佑輔は、多芸な芸術家です。彼は単一のメディアに限定されることなく、アートシーンにおける数千の可能性に自身を開きます。組み立てアートに手を染めた杉澤は、機能しないメカや、プラスチックのおもちゃで作られた芸術的ロボットの製作技術を身につけてきました。幼少期と成人期の相反する面を驚くほど容易に織り込み、2つの異なる生活期の境界を曖昧にしています。

ノスタルジックで新しい経験を生み出す創造的なプロセスを徹底的に追求し、時間と記憶の関係と、それが人のアイデンティティに与える影響に挑戦します。どのようにして記憶は絶望的であると同時に希望的でもあるのでしょうか?記憶があなたを過去に閉じ込めていますか?どうやってこの状況から抜け出すのですか?

自らの実存的な疑問に答えるために、杉澤はアートに目を向け、プラスチック製のおもちゃや日常生活で使うものでできた活気のあるロボットで自分のトレードマークを確立しました。これは子ども時代に大きく影響を受けた人の心理についてのコメントです。杉澤自身の言葉によると、無意識のうちに閉じ込められていた自分を取り戻すために作品を作りましたという。それは、彼が現代社会で大人であることを確認する方法でした。

付随する方法としてのビデオ

観客に自分の考えを伝えるために、杉澤は付随ビデオを作りました。これは、彼の展覧会を実際に体験することができない人々に特に役立ちます。彼の作品をオンラインで見ている人にとって、これらの補完的なビデオはそのコンセプトを理解しやすいアイデアに翻訳するのに役立ちます。 

また、一般の人々に手を差し伸べるための、よりアクセスしやすい方法としても機能します。すべてがテンポの速い現代では、アテンションはお金です。観客の注目を集め、観客を確実に引き留める方法は、短くても充実したコンテンツを作成することです。 

オブスキュリティは効果的ではありません。あなたの作品を、最も研究された批評家だけが理解できる完全なミステリーに包み込むことは、排他的でエリート主義的で平凡です。それは大衆を孤立させ、彼らにあなたの芸術は彼らにとってアクセスできないと思わせます。

ビデオクリップが一般の人々の心をつかむ手段である理由はそこにあります。ビデオクリップをひとくちサイズのコンテンツに分割することで、より使いやすく親しみやすいものになります。アートワークを鑑賞するだけでなく、まったく新しい体験を生み出します。

作品例

以下は、彼の作品の付随として使われている彼のビデオの一部です。

 

  • Memory Complex Silver

 

Memory Complex Silverで、杉澤はプラスチック製のおもちゃで作られた彼のトレードマークのロボットの一つを展示しています。ネオンの光が点滅し、動くことのない彫像に命を吹き込みます 

短いビデオクリップは、アートワークの本質を全体的に捉えます。おもちゃの輝く色を強調するために、ライトはオフになっています。ライトパープル、ピンク、セルリアンカラーのさまざまな色合いが像の後ろの壁にミックスされ、遊び心のある雰囲気を醸し出しています。赤と緑のランプが点滅しているのは、まるで外国のモンスターが自分の命を脅かしているときにスーパーロボットが警告するのと同じように、緊迫感を意味しています。日本の伝統的なメカジャンルを現代風にアレンジしつつ、そのルーツに敬意を表しています。

 

  • Talking Head

 

Memory Complex Silverがメカアニメの主人公を強調する一方で、Talking Headはヒーローの巨大な敵を紹介します。以前の作品とは異なり、今回の作品ではモンスターのエイリアンの頭だけが展示されています。 

プラスチック製の水鉄砲とミニチュアのオレンジ色の車を使って組み立てられたトーキングヘッドは、顔の左側が鏡に映された昆虫に似ています。頭の両側には、支離滅裂な雑音を発する2つのスピーカーが付いています。くぐもった声が話し手から聞こえ、モンスターが理解可能な言語で話しているような印象を与えます。 

まるで自分が現実のモンスターに出くわすかのような不思議な感覚を生み出します。映画やアニメのショーでは、モンスターは現実ではないので自分を傷つけることはできないことを知っています。虚構と現実の間には境界線があります。 

しかし、杉澤の作品によって、モンスターと観客との間の壁が取り除かれます。それはあなたを無神経にし、モンスターに会わせるように強制します。それは、それが最終的には無生物であり、あなたを傷つけることはできないという事実を十分に認識していても、聴衆を落ち着かず、不快にさせるます。

 

  • Skate Part Remix Series

 

Skate Partは杉澤の初期の作品の一つです。このビデオでは、彼は様々なメディアの初期の作品を数多く編集しています。公園でのスケートボードのトリックのクリップの間には、彼の絵画、組立アート、ライトな写真が順番に並んでいます。 

彼がここで発表したすべての作品の中で、最も魅了されるのはスケートボードの組み合わせです。杉澤佑輔は何よりもまずスケートボーダーです。14歳のとき、彼はだぶだぶのショートパンツとスケート靴を履いて通りを滑空していた。彼がこの趣味を持って、アートの世界に足を踏み入れたのも無理はありません。 

ここでは、彼はスケートボードに変身した普通のアイテムを紹介します。彼は蛍光灯やドラムなどの日用品に車輪を1組追加しました。別のSkate Part Remixビデオでは、スケートボードとしてエレキギターを使いました。彼は別のビデオで巨大なボンゴドラムを使いました。 

しかし、彼はSkate Part Remixスシリーズで彼の作品を強調するだけでなく、彼自身のスケートボード技術も披露しています。彼のビデオを見ると、公園、噴水、ベンチ、丸石、その他の展示物で街中を滑空している彼を見つけることができます。

杉澤佑輔: よろず屋

しかし、杉澤のビデオのすべてが彼の作品の付随として使われているわけではありません。彼は新しい創造的な仕事に挑戦するために映画製作の世界を探求しました。音楽制作など他の芸術活動も模索し、さらに文学や詩歌の世界にも手を広げました。その結果、杉澤のポートフォリオには幅広いクリエイティブなアウトプットが含まれています。 

ビデオ制作はこの野心的な偉業を容易にします。あらゆる芸術活動のビデオを制作することで、彼はそれらの間に糸を織り交ぜ、多様性の中での統一性を確立しています。

Simulacre: 詩の朗読アルバム

詩の朗読アルバム Simulacreの中で、杉澤佑輔は音楽と詩の境界線をぼかしています。彼は、背後で静かな電子ビートが流れている間に、リズムをつけて彼らを朗読します。まるでラップ・パフォーマンスのようだが、最終的には詩のパフォーマンスです。ある意味で、彼の演奏はアルバムのタイトルSimulacreに注目を集めています。 

何かの表現または何かの漠然とした外見を意味するもの、類似物は、何か他のものに類似する行為に関係します。それはパターンや方向に直接従う模倣を含みます。しかしsimulacraは、何かまたは誰かが別の存在の動作をエミュレートするシミュレーションにより密接に関連しています。

そしてそれはSimulacreの核心にあります:絶望の間にそれを達成するために良いことすべてをエミュレートする必要性

 

  • 絶望の闘争 Struggle of Despair

 

「絶望の闘争」は、夢を実現するためには絶え間ない努力が必要だと説いています。暗いことと明るいこと、希望と絶望といった相反するものの並置が詩の中に感じられます。

付属のビデオでは、モンスターは暗闇の中を一人でさまよい、迷子になってゴミの山に囲まれています。杉澤は自らのモンスターマスクを着けてスクリーンに登場します。このシーンは、いつもは騒々しい悪党が身動きせず、絶望的な雰囲気を醸し出しています。まだ完全に敗北したわけではないが、救いを求めて奮闘しながら、永遠の絶望の中に閉じ込められているのではないかと恐れています。

 

  • 革命の声 Revolutionary Voice

 

この詩では、ペルソナはゴミと灰色の雲で満たされた荒涼とした世界を彷徨っています。薄暗い世界をかろうじて照らしてくれます。 

喧騒の海の中でたった一つの声が死んでいくように、たった一つの光が絶望した魂に希望を与えることはほとんどありません。とどろき渡る闇が、弱い光を包み込んでいます。でも、一人が今でも必死にしがみついています。絶望的なときに声を上げることが、生と死の主な違いになります。空洞の中に響く革命的な声が命と希望を与えてくれることの重要性を浮き彫りにしています。

 

  • 奇跡 Miracle 

 

「奇跡」 は、これまでの陰鬱な人生を描いた作品に比べて、人の人生に渦巻く否定的な感情との戦いがより希望に満ちています。未知の生命の荒野に閉じ込められているときは、恐怖に心を奪われないでください。代わりに、地球に生命をもたらす太陽に注目してください。これは、必ず美しさをもたらす奇跡です。

 

  • 思慮深い前頭葉 Thoughtful Frontal Lobe

 

「思慮深い前頭葉」 は、夢が現実に何らかの形で超越するサイケデリックな能力に思いを巡らせます。時間は幻想になり、すべてが意味を失います。人生を定義しようと、杉澤は次のような定義を提示しています。時間が何度もよみがえり、蓄積された個人的経験。それは、あなたが望むほど実りの多いものではないにもかかわらず、人生を祝うものです。だからこのビデオでは、荒廃した建物の真ん中で仮面をかぶった男が踊っているのを見ることができます。