Author: seo3

Blog

杉澤裕介:自己表現の芸術としての創造性

杉澤裕介:自己表現の芸術としての創造性

長年にわたってさまざまな作品を作りながら、杉沢裕介映画製作に興味を持ち始めました。彼は自分の作品を映画のシーケンスに適応させることができると信じています。彼は、「話さずに見せること」という伝統的な手段は、誰もが理解できる習慣ではないと考えています。 

そこで彼は、自分の考えを聴衆に伝えるためのビデオクリップを作成することを計画しました。彼の作品をオンラインで見ている人にとって、これらは彼の概念を「理解しやすい」アイデアに変換するのに役立ちます。 

また、一般の人々に手を差し伸べるためのより「アクセスしやすい」方法としても機能します。杉沢氏は、視聴者の注目を集める最善の方法は、「短くても充実したコンテンツ」を作成することだと考えています。

以下は、彼の作品に付属する彼のビデオの一部です。 

メモリーコンプレックスシルバー

「メモリーコンプレックスシルバー」は、プラスチックのおもちゃで作られた彼のトレードマークのロボットの1つです。ネオンライトが点滅し、動かせない像に命を吹き込みます。 

杉沢の短いビデオクリップは、彼のアートワーク全体の本質を捉えています。おもちゃの輝く色を強調するために、ライトがオフになっています。像の後ろの壁には、薄紫、ピンク、セルリアンのさまざまな色合いが混ざり合って、遊び心のある雰囲気を作り出しています。赤と緑のライトが点滅するということは、脅威の到来を警告するスーパーロボットのように、切迫感を意味します。杉沢裕介はまた、日本の伝統的なメカのジャンルを現代的なスタイルにアレンジし、その文化的ルーツに敬意を表しています。

トーキング・ヘッド

Wのhile「メモリーコンプレックスシルバー」、「トーキング・ヘッド」を発表英雄の巨大な敵をメカアニメの主人公を強調しています。彼の以前の作品とは異なり、これはモンスターエイリアンの頭だけを表示します。 

プラスチック製の水鉄砲とオレンジ色のミニチュア車で組み立てられたトーキング・ヘッズは、顔の左側が鏡に映った「昆虫」に似ています。頭の両側には、くぐもった声を発する2つのスピーカーがあり、モンスターが自国語で話しているような印象を与えます。 

この作品では、杉沢の作品が「モンスター」と「観客」の間の壁を取り除いています。それはあなたを鈍感にし、あなたの頭の中であなた自身のモンスターに会わせる。それは単なる無生物であることに気づいていても、観客は落ち着きがなく不安になります。

スケートパートリミックスシリーズスケートパート

「」は杉沢の初期作のひとつ。このビデオでは、彼はさまざまなメディアで以前のクリップの多くを編集しています。ここでは、「スケートボード」に変身した普通のアイテムを紹介します。 

それとは別に、彼は蛍光灯やドラムなどの日用品にホイールを追加しました。別のSkatePart Remixビデオでは、彼はエレキギターをスケートボードとして使用し、次のクリップで巨大なボンゴドラムを使用しました。 

この短編映画では、彼は「スケートパートリミックス」シリーズでの彼の作品を強調するだけでなく、彼自身のスケートボーディングスキルも披露しています。彼のビデオを見ると、彼が公園、噴水、ベンチ、小石、その他の展示物を滑空しているのがわかります。

 

 

 

Blog

碧川裕介の日本における現代アートシーン

碧川裕介の日本における現代アートシーン

日本美術は世界最大の宝物のひとつです。しかし、最近では様々な現代日本美術を見つけることはめったにありません。

日本のアートについて考えるとき、頭の中で目がくらむほどの画像の配列を思い起こさせるでしょう。絹の書道や陶器からマンガの絵や木版画まで、あらゆるものが思い浮かびます。

幸いなことに、日本の現代アートシーンはすでに革新と創造性で賑わっています。今日、この国で注目を集めているアーティストの1人である杉川裕介は、日本の伝統文化と現代文化の両方を取り入れた彼の作品を展示し、日本で最もユニークな作品の1つにしています。

浦飯幽助は誰ですか?

杉沢裕介は静岡県沼津市生まれのアーティストです。 

彼のアートキャリアの開始以来、彼のアートワークは常にさまざまな家庭用品から作られたプロジェクトで構成されてきました。彼はおもちゃ、ブラシ、かみそり、プラスチック、そして日本文化のさまざまな要素を表現するマスクを使用しています。

現代日本のアートワーク

杉澤裕介は、日本のアートの世界を席巻した多くのアートワーク、絵画、彫刻を持っています。彼の大胆なアイデアにより、彼は古い伝統を捨てることなく、現代日本の繁栄を象徴する並外れた概念に溶け込むことができました。 

彼はスケートボード、吹き替え、パンクなどの現代的なテーマと日本の伝統を融合させました。その結果、それは現代日本で流行している現代と古風な習慣の間に興味深い対照を生み出しました。

こちらがゆうすけの人気作品です。

カブトスケート 

杉沢裕介の「カブトスケート」は、彼が制作した最も人気のあるアートインスタレーションのひとつです。彼は戦いで「古い日本の武士」によって使用された伝統的な武士のマスク、ヘルメットを使用しました。兜の仮面は、戦時中の武士の勇敢さと奉仕を表しており、日本の重要な文化的遺物です。

ギターはスケートボード 

Yusukeは、音楽やスケートボードに熱心である。そこで、このインスタレーションでは、エレキギターとスケートボードのホイールという2つのシンボルを融合させることで、両方の趣味への情熱を表現しました。彼は、自分の音楽が自分の中で自由に動くことができる方法と、スケートが音楽を作成するように彼を刺激する方法を示したかったのです。

Simulacre 1

Yusukeの「Simulacre 1」は彼の最も人気のアートインスタレーションの一つです。この作品は、彼がマスクしたさまざまな家庭用品で作られています。多くの芸術愛好家は、この作品が資本主義に対するゆうすけの反応と、世界がそのニーズを満たすためだけに無駄になっていることを表していると推測しています。

スケートペインティング 

『スケートペインティング』は杉澤裕介のアブストラクト作品です。この絵は、さまざまな方向に走る青と白のさまざまな色合いで作られています。これは、キャンバスを横切るスケートボードの軌道を表しています。スケートボードは、ゆうすけが様々な作品を完成させるきっかけとなり、やる気を起こさせたとも言えます。

トイカムポジションサークル

「トイカムポジションサークル」 は、ゆうすけの様々な作品のひとつです。それは彼が円の底で一緒に結合した様々なおもちゃの部品の融合です。出身地沼津でのゴージャスな少年時代を描いたユニークな作品です。

Blog

杉沢草介の彫刻

杉沢草介の彫刻

杉澤祐介は、彫刻の制作にネオンのおもちゃや日常生活用品を使った独特のスタイルで知られています。 目を引く色彩と光沢のある装飾が施された彫刻が、観客にノスタルジアの感覚を呼び起こしている。 ユス助の作品を見て、目を通して世界を少し違ったものにしてみましょう。

メモリーコンプレックスシルバー

ユス助の最も祝われた仕事は、「記憶複合銀」、幼年期に戻ってすぐに視聴者を送る。 おもちゃの銃、宇宙船のおもちゃ、家庭用品、点滅灯を使って、ユス助氏は、『ボルテス・ V 』のようなメカショーで見られるものと同様の実物大のロボットを製作した

この仕事によって、彼は「メモリを蓄積することによって形作られる自我であるか。 記憶を蓄積することで自我を忘れているのか」 ユス助はこの作品を使って記憶を掘り下げ、彼が過去に誰だったかを記憶した。 かつて誰があったかに出会うことは、個人的なことになる可能性があります。 この作品を展示し、世界に公開することで、彼は、自分の過去を思い出して、自分が今になっていることを確認するよう他の人々に勧めます。 

彫刻のマスク

フルボディの彫刻以外にも、彫刻の仮面作りを専門にしている。 彼はいつものテクニックに固執し、プラスチックガンと明るい子供のおもちゃを使って、美しいマスクを組み立てています。 実物大のメチャ彫刻は英雄ロボットに似ているが、マスクは怪物のようなロボットの後を行く。

多数の小さい目およびアンテナのような昆虫のような特徴はマスクを飾る、それらを hideous 見る。 グロテスクなデザインとは対照的に、マスクの製作に使われる色は、明るい遊び心のあるもので、軽薄な雰囲気を与えている。 フレンドリーな色が親しみやすい外観を演出しているので、あまり気にしないでください。

ユス助は、人間の体とエイリアンマスクを結合して、現実とフィクションを結びつけている。 その際、彼は私たちが記憶、経験、信念の融合である現在に戻ります。 このメモリコンプレックスシルバーとの微妙なつながりは、ユス助の作品に巧みな創造性と心遣いを与えていることを証明しています。

メモリー・コンプレックス・シルバーでは、観客に子供の頃のことを思い出してもらい、過去のことに遭遇します。 彫刻のマスクでは、子ども時代の思い出と世界をナビゲートする大人としての体験を集めた作品を、現在に戻しています。

彫刻のスケートボード

杉澤祐介の初期の作品の一つに、スケートボード彫刻のコレクションがあります。 彼はエレキギターやコンガなどの奇妙なアイテムにローラースケートを置いた。 もちろん、美観のためだけに作られており、スケートボードとしては使えませんが、 2 つの珍しい物を組み合わせることで、今まで考えたことのないものを作ることができます。

杉沢裕介の商標は、明るいプラスチックのおもちゃや通常の家庭用品を使わないと完成しません。 彼は彼のより早いおよび最近の仕事をとうこと、彼はおもちゃの銃、宇宙船およびクリーニング材料から成っている一連のスケートボードを組み立てた。 はっきりとした色のポップは、杉沢祐介のサイン以外のものとは誤解できない。

 

Blog

なぜ杉沢祐介がレンジを持つのか

なぜ杉沢祐介がレンジを持つのか

杉澤裕介は、ほとんどが明るい彫刻で知られていますが、他の形式の芸術作品にまで分岐することを妨げたことはありません。油絵などの伝統的な芸術メディアを試すのは怖くありません。 実際、彼の最も早い仕事はすべて従来の範囲内にある。

杉沢祐介の絵画

ほとんどの芸術家と同様、杉沢祐介も油絵で作品を描いて、キャリアをスタートさせた。 しかし、伝統主義のルーツはここにある。最初のアーティストにとっては、風景はいつも話題になるが、ユス助にとっては抽象的なデザインが常に目を引いている。 そのため、アート制作にブラシを使い始めたとき、彼は超現実的で非表現的な芸術に向かって引上げました

地球の色を使って、ユス助は部族の活動に似たパターンを考案した。 オレンジとダークトーンが基調となったキャンバスのほとんどは、明るい緑や黄色の縞模様が目立つ部分があります。 後の作品では、ユス助は抽象美術に戻り、人間活動を表現することに掘り下げた。 彼の色は以前の仕事と比べてより大胆で、より明るくなり、彼の慰めの地帯を離れ、不慣れな地面を探検する彼の自発性を証明する。

杉沢祐介の彫刻

ユス助の抽象画が、彼の最も人気のある現代彫刻作品の道を開いた。 彼は彼の独創的な創造性および技能を付加的な彫刻の仕事の前に決して見られない作成するのに利用した。 ユス助は、プラスチック製のおもちゃや家庭用品から作られた実物大のロボット彫刻で知られるようになりました。 一見すると、色の明るいポップスが目を引き付けますが、彼の彫刻を見る時間が長いほど、手にプラスチックのおもちゃがほとんどなかったときに、時間を取り戻すことができます。

杉沢祐介の壁画

Yusuke の Instagram アカウントをチェックして、最近進行中の作品を更新してください。 その一つが彼のストリート壁画です。 現在でも、コロナウイルスの流行が原因で世界が立っているが、ユス助氏はこの機会に静岡の街を人々のビジョンで描く。 彼は抽象的な署名に忠実にとどまり、通常の群集がどの日にもいかにように反対の方向で歩く人々のグループを示した。

人々は屋内にいたが、静岡の通りは、ユス助が金属性の黒、明るい赤、テクスチャード加工の白を使って生き生きとした。 通りの壁画のほかにも、彼は同様の抽象的な方法でされた複数の絵画を思い付いた。

コレクションの特徴は、カット、構造化されたシェイプ、シャープなコーナーなどです。 一緒に、一緒に歩を進めている人々の強いイメージを形成します。 今回は、人と物理的につながっている不確実性の中で、彼の作品は統一性と正常性という強いメッセージを表現している。

杉沢裕介の詩的なミュージックビデオ

生命のメチャの彫刻に付随して、杉沢祐介は詩の読書アルバム「サイマルエーカー」を制作した。 ユス助は彫刻に関連する作品で構成されており、人々が自分の芸術を利用するための別の方法を提供している

Blog

杉沢祐介の今後のプロジェクト

杉沢祐介の今後のプロジェクト

コロナウイルスの発生により、すべてのプロジェクトが保留になっています。 展示は予告があるまで延期され、ギャラリーは通常通りに戻るまで閉鎖されたままになる。

パンデミックは世界を一時停止に置いたが、何も新しい芸術品の作成からの芸術家を躊躇できる。 他に何もないと、私たちの状況は、創造的な熱狂にそれらを運転する杉沢祐介のような芸術家の創造的な精神を刺激した。

展覧会の日程はまだないが、ユス助は知識と技能を磨く新しい美術作品の制作を止めていない。 彼はこの時間をオイル絵画に戻るのに、彼が習得した従来の媒体、より unconventional 主題に渡る前に取った。 Instagram の @yusukesugiyawa ページに移動して、進行中の作品と完成した作品を更新しましょう。

抽象画

展覧会を成功させ、著名な賞を受けたユス助は、威圧的な芸術産業で認められる価値があることを彼の驚くべき技能と証明した。 彼に形式的な芸術教育がなかったけれども、彼の箱からの考えは undying 功妙な精神のだれでも何もから何でも作成できることだけを示した。

ユス助は、明るいネオン色の家庭用品やおもちゃから作られた風変わりなメチャ彫刻で知られるようになりました。 幼年期と日常の瞬間をつなぐ彼の作品は、一人が若い年を夢中にさせるノスタルジックな雰囲気を持っています。 しかし彼が現代美術の奇妙な世界に掘り下げる前に、彼は慣習的な絵画から最初に始めた。

彼の最も早い仕事のいくつかは壁全体を占めた小さい円形の絵画を含んでいた。 彼は決して現実的な仕事を作成するタイプでなかった従って、前に、彼の絵画に抽象的な主題が常にあった。 彼は相補的な色を使って、混沌としたストロークから凝集を作り出しました。

インスタレーションアートや彫刻の数年後、ユス助は油絵に戻ります。 彼は従来の媒体を使用していますが、抽象的な次元と三次元の現代絵画を作成することを選択しています。 一見、彼の絵画は無秩序のようであるかもしれないが、少数のフィートからそれを見ることはより大きい映像を見ることを可能にする : 人々はクラスターで歩く。

ユス助は同じテーマで5枚以上の絵画を制作した。 彼の通常のネオンパレットと対照的に、彼の抽象的な絵画の色はより暗く、より subdued である。 赤と黒とグレーの異なる色合いを特徴とする一連の絵画は、悲しみなどの強い接地感情を呼び起こします。 視聴者を招待して、数十億人の観客の中で宇宙に立っていることを考えます。

1 つはより暗い色の配合が彼自身を地面に、鈍い灰色がかった調子の生命を見るために視聴者を誘うことを言うことができる。 誰も際立っていない普遍的な生活を想像してみてください。

芸術の特異的解釈がなく、それを見る目に依存する。 しかし、あなたは Yusuke の作品を解釈することを選んでいます。確かに、あなたがそれを見たときに、強い接地感情を感じたことは確かです。

Blog

recent yusuke sugisawa news

杉沢佑介に関する最近のニュース

世界は最近ストレスの多い時代に入ってきた。 世界的な大流行が世界を圧倒しているため、同時に起こるすべての変化に対処することは困難です。 私達の正常な生命は突然私達が家にとどまり、他の人々と接触を避けるように要求する安全措置との叫び停止に持って来られる。

私たち自身が見つけた状況は、不確実性や不安を引き起こす可能性があります。 このような状況では、以前は自分自身が見つかりませんでした。その結果、多くの質問が出てきて、答えが出なくなりました。 何をすべきか、そして次に何が起こるかはわかりません。 いつまで動きを制限する必要がありますか? 私たちはいつ、通常の生活に戻ることができるのでしょうか?

時々これのような、私達は頻繁に私達の圧力および心配を解放するために創造的な追求に回るか、または私達の悩まされていた思考を表現するため。

杉沢祐介のようなアーティストのために、今経験しているような時間をかけて、お互いにつながる方法を模索しています。 孤立した状況では、私たちの友人や心に大切な人々とのつながりを感じることが重要です。 今では、私たちが大好きなものに縛られているように感じる必要があります。

最新のテクノロジーを使用して、コミュニケーションへの取り組みにつながる新しい方法を見つけました。 ビデオ通話、ストリーミングパーティ、オンライングループゲームは、個人の空間に限定された Kindle 関係にあります。

ユス助にとって、アートは彼の考えや感情を表現する方法だ。 不安な思いを絵画に入れて共有することで、同じように感じる数百人の人々に共鳴します。

これは、人々に連絡をし、孤立したときでも、彼らだけではないことを伝える彼自身の方法です。 これらの時間は経過しますが、今のところ、あなただけでなく、あなたの悲惨さを思い出させるために彼がここにいます。 私たちは全員、良い時と悪い時を共にしています。

ユス助の新機能は?

最近の Instagram アカウントでの投稿では、ユス助はキャンバス絵画やストリート壁画などの最近の美術作品を展示しました。 絵画は現代美術様式で行われた。 青い空の下で緑の場で踊っている間、手を相互につなげて握手する 5 人のグループを示している。 独特なボディ形と暖色系のトーンを特徴とする彼は、接続性と容赦ない人間精神についてのメッセージを伝えることができました。

彼は後で彼が自然な景色のそれを表示した取付けの芸術部分にこの絵画を回した。 あるポストで、彼は咲く桜の木の下で展示されている彼の絵画の写真を撮り、「私は私達が桜の木の下で再度踊ることを望む」とそれを捕獲した 彼は私たちの希望をとらえ、情熱を持ってそれを表示しています。

それ以外にも、静岡県沼津市では、最近、街頭壁画を制作した。 彼は前の絵画で行った現代美術様式を続けて、一緒に歩く人々の群集を塗った。 これは、私たちが一体となっている人々としてのつながりを思い出させるもう一つの作品です。

 

View More