About

杉澤佑輔のすべて

1982年生まれの日本の現代美術家、杉澤佑輔は、主に組み立てられた彫刻をメディアとして使用しています。彼は14歳の若さでスケートボードを始め、それ以来ストリートアートに触れるようになりました。

アウトドアスポーツと趣味で、彼は多くの時間を路上で過ごしています。彼はそこからインスピレーションを得ています。それは、雑然とした生活と、聞いたことのない生活や物語が、あまりにも異なっているにもかかわらず、普遍的に存在しているからです。やがて、正規の専門的な美術教育を受けることなく、独自の作品を制作するようになりました。そのため、彼の作品はより個性的でユニークなものになっています。

アートワークス

明るいネオン色の子供のおもちゃを使って、等身大のメカロボット彫刻を制作しています。スーパーロボットのトレードマークの敵である 「モンスター」 がいなければ、物語は生まれません。メカの作品を完成させた彼は、同じ鮮やかな素材で作られた付属のモンスター彫刻も制作しました。 

あるコレクションでは、モンスターのような形のヘッドマスクを完成させました。突き出た角と顔の特徴を持つエイリアン・マスクは、明るいピンク、黄色、ネオン・グリーンの色がほとんど恐ろしいです。身に着けると不気味な感覚を呼び起こし、全ての男が自分の中に潜んでいるモンスターに出くわします。しかし、杉澤は子どものおもちゃを楽しく軽やかになります。懐かしさと幼年期の純真さへの憧れを織り交ぜながら、彼の作品は個人的で親密な体験を思い起こさせます。

あらゆる芸術形式の人間

彼はあらゆるタイプや形式に手を突っ込み、幅広いメディアに広がるポートフォリオを作るタイプのアーティストです。杉澤は彫刻以外にも、伝統的な絵画、モデル、詩、音楽の制作にも取り組んでいます。まさに現代の革新的で革命的な芸術家である杉澤は、創意と記憶が入り交じった創造的な天才ののるつぼであります。 

杉澤の初期の作品の中にはスケートボードを使ったものもあります。彼の私生活とお気に入りの趣味への賛辞として、彼は楽器をスケートボードに変えました。彼はエレキギターやボンゴドラムなど珍しいものに車輪を取り付けました。これは、スケートボードのように、楽器があなたをその場に連れて行く能力に注意を喚起します。音楽があれば、今まで行ったことのない場所に一歩も進まずに行くことができます。 

展示会

2008年からアートシーンで活躍している杉澤の個展、グループ展は以下の通りです。

2008

5月5日~6月15日:トライブ・グループ展

2009

8月1日~9月1日:マインドギャラリー・ミッテ個展

2011

5月28日~6月13日: トリック・アンド・デンキド個展

2012

1月6日~11日: No12 ギャラリー個展

2月3日~3月11日: 「カンテリウム」 グループ展

東京デザイナーズウィーク2012

2013

1月24日~2月24日: トリック個展

2015

6月26日~7月26日:レヴェレーション個展

10月7日 ~ 17日: T-Art ギャラリーアートスタンド展

東京デザインウィーク2015

11月10日~12月3日: スリー・スター京都個展

12月5日~20日: マーカースタジオ個展

2018

1月8日~31日:ルミネ芸術賞2017