Homepage

杉澤佑輔の紹介

日本の新進気鋭のアーティスト、杉澤佑輔の驚きの世界へようこそ。彼のドメインを入力し、彼の創造的な芸術作品のコレクションを熟読してください。伝統的なコンセプトと革新的な現代のアイデアを融合させた杉澤は、日本のアートシーンを壊し、立ち止まる計画はありません。

ファンキーな明るい色と独創的で型破りなアイテムで遊ぶ彼の作品の海。このサイトでは、彼の特集作品や彼が行った展覧会の全リストなど、彼に関するすべての情報を見つけることができます。

カーテンの向こうで起こっていることをのぞいてみて、彼の芸術心の中で何が起こっているのかを見てください。彼の創造的なコンセプトの背後にある創造的なプロセスを見れる短いビデオを見てください。中には、彼の作品に概念的なビデオを添えて、彼の思考プロセスの奥深くに入り込んでいるものもあります。彼は型破りな作品を作るだけでなく、音楽の世界にも飛び込みます。彼は自分の作品を不気味に連想させるような曲を書いたり作ったりしています。

おもちゃの銃で作られた印象的なロボット彫刻から、陽気なモンスターの生き生きとした絵画まで、杉澤の奇抜な芸術作品をご覧いただけます。ここで買える商品もチェックしてみてください。

杉澤佑輔の最新情報を知りたい方は、上のリンクから彼のソーシャルメディアをチェックしてみてください。

アートワークス

杉澤佑輔は、メカロボットとモンスターのジャンルの背後にある創造的な才能を探っています。おもちゃの銃や宇宙船など、目を引く鮮やかな色のおもちゃを使って、彼はボルテスVやダイモスに似た等身大のロボットを製作しました。このパッケージを完成させるために、杉澤は宇宙人の仮面を製作しています。

「記憶は絶望的だが希望に満ちている」と題したコレクションの中で、彼は自分自身と子どもの頃の記憶に立ち向かい、心の中の対比から解放されます。彼は水鉄砲や宇宙船のような少年たちがよく使うおもちゃを使って、子どもの頃を思い出すような装いのメガネを作りました。過去と向き合うことで、現在を解放し、未来を迎えることができるのです。そのような希望に満ちた言葉で、杉澤は構造化された無秩序とプラスチックのおもちゃの層に隠された深い概念を伝えていました。。

展示会最新ニュース

2019年10月10日、新オルタナティブギャラリーで開催されたグループ展 「境界線」 に、杉澤佑輔が芸術家の HAMADARAKA、Shohei Takasaki、 坂口恭平 そして笙子と一緒に参加しました。彼はトレードマークの画期的な作品を展示しました。杉澤の完璧な伝統の中で、彼は今回、スケッチと色彩を通して、色彩豊かなメカ作品を発表しました。

ルミネ・ミーツ・アート賞2017

2017年、杉澤佑輔がルミネ・ミーツ・アート賞を受賞しました。 他の何百人ものノミネートの中で、杉澤は「記憶は絶望的だが希望に満ちている」というタイトルのノスタルジックな作品で受賞しました。

「Simulacre」詩朗読アルバム

杉澤佑輔が発表した詩の朗読アルバム 「Simulacre」 には、作家自身が書いたオリジナル作品6点が収録されています。iTunesでダウンロードして購入できるようになりました。彼の内省的な物思いが、深い官能的な声で伝えられています。

 

LUMINE MEETS ART AWARD 2017

 

LUMINE MEETS ART AWARD 2017 グランプリ受賞

LUMINE MEETS ART AWARD 2017

 

 

 

 

SIMULACRE

POETRY READING ALBUM

6曲入りポエトリーディングアルバム『Simulacre』を販売しています。ITUNESにてダウンロード購入。
YusukeSugisawa WebshopにてCDが購入できます。下記のリンクよりMOVIEがご覧になれます。

ITUNES

絶望の闘争    思慮深い前頭葉    瞬間    アフターダーク